■非常勤医師のご紹介

脳神経外科

加藤庸子 医師YOKO KATO

加藤庸子 医師

藤田保健衛生大学病院 脳神経外科 教授
専門:脳卒中。特にくも膜下出血。
   機能脳神経外科(三叉神経痛・顔面麻痺)
担当:金曜日 18:00~19:00(月2回)

加藤庸子先生は、脳の血管が破裂し、その出血が脳を圧迫するくも膜下出血を未然に防ぐ「クリッピング術」の名医として知られています。女性脳外科医としては異例の手術数1300例以上を誇る文字通りのスーパードクターです。
加藤先生のもとには、多くの患者さんが全国から集まります。現在も週3回以上の手術をこなしています。米国でもその技能を認められ、2006年に脳神経外科において日本で最初に女性の教授になり、2012年10月には「日本脳神経外科学会」の初の女性理事に選出されました。

【経歴】

1978年 愛知医科大学医学部卒業
1980年 名古屋保健衛生大学脳神経外科教室研修医
1981年 中華人民共和国蘇州医学院付属第一病院脳神経外科留学
1982年 トヨタ病院脳神経外科局長
1984年 藤田学園保健衛生大学脳神経外科研究助手
1985年 脳神経外科認定医取得
1986年 オーストリア、グラーツ大学留学
1991年 藤田学園保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座講師
2000年 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座助教授
2006年 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座教授

↑ページトップへ