外来診療

形成外科

概要

形成外科は整形外科と名前が似ているため、その違いが良くわからないという方が多くいらっしゃいます。
違いを簡単にいうと、治療する対象範囲が、整形外科は主に筋肉や骨格、関節であることに対して、形成外科は、皮膚に近い体の表面が治療対象の範囲です。
からだの表面の病気(外傷、傷あと、あざ、皮膚腫瘍、体表先天異常など)に対して外科的治療を行うとともに、手術や外傷で無くなってしまったり変形してしまった組織を手術によって充填したり再建するなどの診療を行う外科の一分野です。

対象となる疾患

●体表外科として

  1. 生まれつきの異常(形や色など)
    耳、口、鼻、まぶた、へそ、逆さまつげ、唇裂、手指、漏斗胸、あざなど
  2. 外傷および外傷後の変形
    外傷、火傷、怪我や手術後の傷あとのケロイドやひきつれ、顔面骨骨折、顔面神経麻痺など
  3. その他体表に現れる疾患
    皮膚の腫瘍(できもの)、巻き爪など

●再建外科として

  1. 手術や外傷の後の変形に対しての再建
  2. 乳房再建や、顔面周囲の欠損部や変形の再建 など

形成外科では手術後の目立つ傷あとを目立たないようにするなど、患者様の見た目をできるだけ良くしようと考えて治療をしています。

担当医師(非常勤)

●山田 大医師

山田大医師

形成外科専門医

専門:再建外科手術全般
担当:水曜日13:00~19:00

先生のメッセージ

藤田保健衛生大学を中心に保健医療活動を行ってまいりました。
安心・確実な美容形成外科を提供でき、皆様のお役に立つことができれば幸いに存じます

↑ページトップへ