臨床検査部門

臨床検査部門

概要

臨床検査とは

医師が病気を診断し治療していくためには、患者様のからだの状態を知らなければなりません。からだの状態を知るためには、それにまつわる様々なサインを確認していくことが大切です。この様々なサインを確認するために診察がおこなわれ、それらを確かめるために臨床検査がおこなわれます。
患者様のからだからでるサインは、様々な形であらわれます。尿や便、あるいは血液や採取された臓器の一部などです。
これらのサインを検査を通して把握し、病気の原因の追求を行うことが 臨床検査の重要な役割となります。臨床検査は病気の診断だけでなく、治療の方針を決める大きな手助けにもなります。
治療経過の確認や重症度の判定、回復の度合いなどにも利用されています。

目的

検査の最大の目的は、医師の診断を確実にしていくことですが、 病気を見つける(診断)ほかに、治療の方針を決める場合にも大きな手助けとなります。 その他に、治療の経過をみたり、病気が重いか、軽いかを判定したりするためにも利用されます。

種類

臨床検査は、大きく分けて【検体検査】【生理機能検査】の2種類に分けられます。

〇当院で行っている検体検査

採血・採尿など。
*尿、血液、痰、組織などの検体(材料)を採取し、それらを化学的あるいは形態学的に検査します。

〇当院で行っている生理機能検査

心電図、ホルター心電図、全身超音波検査、睡眠時無呼吸症候群モニタリング、血圧脈波など。
*心臓や脳などの動きを電気的にとらえて波形としてあらわしたり、からだの内部の状態を超音波や磁力線などを利用して画像(Image)にし観察する検査です。 検査の結果は数値でなく主にグラフや画像としてあらわされるので画像検査といわれることがあります。

担当臨床検査技師

●田中 里菜

病棟看護主任 小川妙恵

臨床検査技師 Medical technologist, Biomedical laboratory scientist

臨床検査技師は医師の監督指導のもと、血液や尿、便などの検体を使って検査をしたり、心電図、エコーなどを患者さんに直接触れて検査する生理学的検査を行います。医師が病気の診断や治療方針、予後の判定など決定するのに必要な情報を提供する医療職種です。

メッセージ

臨床検査部門では、外来診療、入院病棟、健康診断での臨床検査を行っています。臨床検査には、血液、尿など検査材料を検査する検体検査と、直接患者様に接して検査する生理検査があります。
生理検査では、超音波検査、安静時心電図、ホルター心電図、運動負荷心電図、肺機能、睡眠時無呼吸症候群簡易検査などを行っています。
私たち臨床検査技師はこれらの検査を実施し、正確かつ迅速な結果を提供することで患者様や健診受診者様の健康維持、回復に役立てられるように日々努めています。

↑ページトップへ