事業ドライバー

疾病運転防止法成立

睡眠時無呼吸症候群(SAS)、脳・心臓スクリーニング検査が義務化

『事業用自動車の疾病運転防止に向けた道路運送法』及び『貨物自動車運送事業法改正案』が、H28年12月9日の参院本会議で可決され、本法案は成立しました。
改正法では、バス、タクシー、トラックの各運輸事業者に対し、運転者が疾病により安全な運転ができない恐れがある状態で事業用自動車を運転することを防止するために、必要な医学的知見に基づく措置を取ることを義務付けています。
SAS検査は既に普及していますが、平成28年12月8日の参院国土交通委員会で答弁した石井啓一国交相は「脳ドック、心臓ドックなどのスクリーニング検査について、医学的知見を踏まえた調査・検査を実施し、事業者としてとるべき対応を含んだガイドラインを作製していく」と述べられております。
道路運送法改正 道路運送法の一部を改正する法律案(閣法第一九号)

       

SAS、脳、心臓すべての検査を実施

当院では、事業用自動車のドライバーの健康状態に起因する重大事故に注目し、2016年9月に「事業ドライバー安全運転管理センター」を設立し、①SAS(睡眠時無呼吸症候群)②脳MRI検査③心臓CT検査のスクリーニング検査体制を確立しました。
2016年12月現在事業ドライバースクリーニング検査実績は、①SASスクリーニング検査862例、②脳MRI検査315例、③心臓CT検査68例です。
今後も「事業用ドライバー様の健康診断」の普及を通して、安全な社会・環境整備に貢献して参ります。
事業ドライバー向け企業健診のご案内PDF

       

検査項目

SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査          《検査費用 5,000円(税別)》

パルスオキシメーターによるスクリーニング検査を行います。1回500名まで検査が可能です。検査機器を貸出発送しますので、愛知県の運輸事業会社はもちろん、愛知県以外の運輸事業会社は全日本トラック協会の助成金を利用して検査を受ける事が可能です。
愛知県トラック協会の助成金を受ける事が可能です。
事業ドライバー向け企業健診「睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査」のご案内PDF

             

脳MRI検査                    《検査費用 15,000円(税別)》

フィリップス社製1.5T(テスラ)MR装置を用いて脳MRI検査を行います。MRIは被曝しない安全な画像検査です。検査時間は10分です。3TMRI追加導入も検討しております。
愛知県トラック協会の助成金を受ける事が可能です。
事業ドライバー向け企業健診「脳MRI検査」のご案内PDF

       

心臓CT検査(カルシウムスコア)          《検査費用 5,000円(税別)》

フィリップス社製64列マルチCTを用いて心臓冠動脈石灰化スコア(カルシウムスコア)を検査します。低被曝で造影剤を使用しない比較的簡単な検査です。
心臓疾患を招く「冠動脈(心臓栄養血管)動脈硬化」の程度を診る事が出来ます。検査時間は5分です。
愛知県トラック協会の助成金を受ける事が可能です。
事業ドライバー向け企業健診「心臓CT検査」のご案内PDF

              

※各検査費用は運輸事業会社のための企業健診価格となっております。

         

ご予約・お問い合わせ

予約をご希望の企業様は、下記申込用紙に必要事項をご記入の上FAXにて送付をお願い致します。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査 申込書・同意書PDF
脳MRI検査(脳ドック) 申込書・同意書PDF
心臓CT検査(心臓ドック)申込書・同意書PDF

予約直通☎ 0566-26-6702 Fax. 0566-26-6707

【受付時間】 9:00~19:00(月~金曜日)
9:00~16:00(土曜日)
日祝祭日 休診 
               

今後、厚生労働省のガイドラインに従って、随時変更・対応して参ります。
2次検査が必要な場合は、呼吸器内科、脳神経外科、循環器内科の専門医が対応します。

↑ページトップへ