外来診療

神経内科

概要

神経内科では、脳や神経、筋肉の病気を診療します。身体を動かしたり、感じたり、考えたり、覚えたりすることが上手くできなくなったなと気になったり、からだの感覚がいつもとちがうなと感じたときは、気軽に診察を受けてみることをおすすめします。
まず全身をくわしくみて、どこの病気であるかを見極めます。
診察をして、からだの動きの不具合が骨や関節からくるものなら整形外科に、脳からくるもので手術などが必要な病気の場合は脳神経外科にご紹介します。

対象となる疾患

脳卒中  脳血管障害  認知症  てんかん  パーキンソン病  神経難病 など

症状

  • しびれがある
  • めまいがある
  • いつも眠気がある
  • からだにうまく力が入らない
  • 歩きにくい。ふらつく
  • つっぱる
  • 手足がふるえる
  • ひきつけ、けいれんがある
  • むせる
  • ものを飲み込みにくい
  • しゃべりにくい。ろれつがまわらない
  • 物忘れが気になる
  • 意識障害がある     など

担当医師(非常勤)

●伊藤信二医師

伊藤信二医師

藤田保健衛生大学病院 神経内科 准教授

専門:アルツハイマー、パーキンソン病
担当:火曜日9:00~12:00

先生のメッセージ

神経疾患はまだまだ治療が困難で、身体的・精神的障害を残し、患者さん、ご家族とも日々厳しい闘いを強いられるものが多いですが、その中にあって少しでも笑顔の時間を増やすことを目標に、診療・研究を行っています。

【経歴】

平成3年3月 名古屋大学医学部医学科 卒業
平成3年5月 名古屋第二赤十字病院 研修医
平成5年4月 名古屋第二赤十字病院 神経内科 医師
平成7年4月 名古屋大学大学院医学研究科 入学
平成7年4月 小牧市民病院 神経内科 非常勤医師
平成11年3月 名古屋大学大学院医学研究科 卒業
平成11年4月 名古屋大学医学部 神経内科 客員研究員
平成11年8月 小山田記念温泉病院 神経内科 医師
平成11年12月 国立療養所(現:独立行政法人国立病院機構)東名古屋病院 神経内科 医長
平成21年6月 藤田保健衛生大学医学部 脳神経内科学 講師
平成22年10月 藤田保健衛生大学医学部 脳神経内科学 准教授

【資格】

日本内科学会(認定医)、日本神経学会(専門医)
日本脳卒中学会(専門医)、日本神経病理学会
日本神経感染症学会、日本神経免疫学会
日本神経科学学会

↑ページトップへ