外来診療

リハビリテーション科

概要

リハビリテーション科では、いろいろな病気や怪我の後遺症などで麻痺等が残り、一人で思うように動けなかったり、一部動きが不自由になって日常生活の活動に制限が生じている方々を対象に治療を行っています。
失われた機能の回復を促し、また、残された能力を最大限に引き出し、それを伸ばすために様々な運動療法、温熱、牽引、電気刺激などの物理療法や作業療法を行います。
お一人お一人の状態に合わせて、効果的なリハビリテーションプログラムをしています。

対象となる疾患

脳卒中の後遺症(麻痺など) 脊髄損傷  関節リウマチ  骨折  パーキンソン病
腰痛  肩こり  膝の痛み  手・足のしびれ

リハビリ内容

【症患別リハビリテーション】

患者様おひとりおひとりの疾患や状態に合わせたリハビリを行います。

■脳血管疾患等リハビリテーション

脳卒中や難病疾患等の患者様に対してリハビリを行い、日常生活動作の獲得と社会復帰を目指します。

■運動器リハビリテーション

骨、関節、筋肉、靭帯、神経などを損傷した患者様に対し、日常生活動作の獲得、職場復帰、スポーツ復帰を目指すリハビリです。

■呼吸器リハビリテーション

呼吸状態の観察と換気効率を常に観察し、呼吸状態の改善(呼吸訓練も含め)と体力の回復を図ります。

【高次脳機能障害リハビリテーション】

当院では、入院・外来にて「高次脳機能障害」の患者さんの診断・評価およびリハビリ治療(認知リハビリ)を行っています。
「高次脳機能障害」とは、頭部外傷、脳血管障害等による脳の損傷の後遺症として、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害が生じ、これに起因して、日常生活・社会生活への適応が困難となる障害のことです。身体障害とは異なり目に見えにくい障害のため、ご本人やご家族・支援している方が気付きにくいことがあります。「見えない障害」とも呼ばれています。

高次能機能障害に対するリハビリテーションでは、まずその方の症状を正確に把握する事が大切です。
検査を行なう事で、障害されている能力だけでなく、障害されていない能力を把握することが出来ます。それを元にして、本人や家族に今起きていることを理解してもらい、苦手な分野を克服したり、得意な分野で補ったりする、リハビリテーションの方針を決定する事が出来ます。
回復期は、改善がより期待される時期と言われており、積極的に運動障害や高次脳機能障害に対する機能回復を促していくことが大事になります。

担当療法士

理学療法士

理学療法士 Physical Therapist(PT)

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
治療や支援の内容については、理学療法士が患者様一人一人について医学的・社会的視点から身体能力や生活環境などを十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

メッセージ

当院のリハビリテーション科は、2013年3月から理学療法士、2014年4月から言語聴覚士を配置しリニューアルしました。
施設基準は脳血管疾患Ⅲ、運動器Ⅱ、呼吸器Ⅰを取得しています。入院患者様を中心に運動療法や言語療法を行っております。また、外来リハビリもありますのでご希望の方は医師にご相談下さい。
具体的には、脳梗塞や骨折等で障害された基本動作能力(寝返り、起き上がり、座る、立ち上がり、歩く)や高次脳機能(認知障害や言語障害など)の回復と日常生活活動(食事、着替え、トイレ動作など)の自立支援を中心に行っています。
その他、必要に応じて装具の制作や福祉用具(杖や歩行器など)の手配もいたします。
少しでも地域の患者様に貢献できるように頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

受付時間

9:00~18:00 *水曜・日曜・祝祭日休み

※リハビリは完全予約制です。当日のご予約はお断りする場合もありますので、事前にお電話または予約受付窓口で直接ご予約ください。

※水曜日は不定期ですが、リハビリを行っております。詳細日時は恐れ入りますが、お電話にて確認ください。

↑ページトップへ