外来診療

整形外科

概要

整形外科では、骨や関節などの骨格、それを取り囲む筋肉、そしてそれらを支配する神経系からなる『運動器』の疾患を診療します。
背骨と骨盤、四肢がおもな治療対象で、それらの機能的改善を目指して治療を行います。

対象となる疾患

切創  挫創などの怪我  打撲  捻挫  骨折  脱臼  関節損傷 など

症状

  • 肩が痛い。
  • 腕が上がらない。
  • 膝が痛い。
  • 正座ができない。
  • 腰が痛い。
  • 股関節が痛い。
  • 首が痛い。
  • 体を動かしづらい。
  • 転んで手足が腫れている。  など

担当医師(非常勤)

●清水端松幸医師

清水端松幸医師

整形外科専門医

専門:整形外科疾患全般、膝関節
担当:土曜日9:00~13:00

先生のメッセージ

疼痛にお悩みの方、どんなことでも結構ですから気軽にご相談ください。

【経歴】

昭和55年 藤田保健衛生大学医学部卒業
昭和61年 学位を取得
日進おりど病院 院長を退任後
平成26年4月 岡崎宇野病院 整形外科部長就任、現在に至る

【資格・所属学会】

整形外科専門医
藤田保健衛生大学整形外科客員准教授
中部日本整形学会評議員

●加藤誠医師

加藤誠医師

藤田保健衛生大学病院 整形外科 

担当:金曜日17:30~19:00

先生のメッセージ

専門は股関節ですが、外傷・腰痛・膝の痛みなど
気軽にご相談下さい。

【経歴】

平成16年 藤田保健衛生大学医学部 卒業

↑ページトップへ