外来診療

ペインクリニック外科

概要

ペインクリニック外科では、様々なからだの痛みを診断し、お薬や神経ブロックなどの方法を用いて痛みをやわらげる治療を行います。
痛みは、身体の異常事態を教えてくれる大切なメッセージではありますが、その痛みが日常続くとつらいものです。
痛みを早くやわらげることは『生活の質』を考えると、とても大切なことです。
お一人お一人の痛みを専門的に診察し、最適な治療を行っています。

代表的な治療法「神経ブロック」

注射で局部麻酔剤を注入するのですが、その的になる交感神経や場合によっては神経の近辺に届かせます。
「神経」に働きかけて、「痛みの伝わりを遮断・ブロック」するという治療です。
神経やその近辺に達するよう見極める能力や、技術の高さが求められます。
ほかの治療法では、モルヒネの使用もあります。

対象となる痛み

顔面の激しい痛み  帯状疱疹の後の痛み  痛み止めでは治らない腰や脚の痛み
長引く首・肩・腕の痛み  原因不明の全身の痛み  片頭痛をはじめとする頭痛
がんの痛み  その他

※安全で確実な痛みの診断と治療を行うために

現在かかられている診療科と十分に連携をとりあって、治療が重ならないように診療していくことが大切です。特にがんの痛みは主治医と連携を密に行うことが必要です。
できるだけ現在かかられている医療機関で紹介状をいただいてからご来院ください。

診療日

2013年4月より、毎週月曜日に診療を行っています。
藤田保健衛生大学の麻酔科医が担当します。
手術対応の為、休診になる場合がございます。

担当医師(非常勤)

●柴田純平医師

柴田純平医師

藤田保健衛生大学病院 麻酔科 准教授

専門:各種神経ブロックによる疼痛管理
担当:月曜日9:00~17:00

先生のメッセージ

手術麻酔、痛みの治療を担当させていただいております。病棟にも出没しております。これらの分野から、地域のみなさま、病院に貢献できたらと思っております。よろしくお願い申し上げます。

【経歴】

平成8年3月 信州大学医学部卒業
平成8年5月 医師免許取得 同大学附属病院麻酔科蘇生科医師
平成9年4月 豊科赤十字病院麻酔科医師
平成10年4月 長野市民病院麻酔科医師
平成12年4月 信州大学医学部麻酔蘇生科助手
平成13年5月 ドイツリューベック医科大学留学
平成15年9月 信州大学医学部付属病院集中治療部 助教
平成18年4月 長野市民病院麻酔科医長
    9月 同病院集中治療部門長兼任
平成19年4月 信州大学医学部付属病院集中治療部 助教
平成21年8月 諏訪赤十字病院第一麻酔科 副部長
平成23年4月 藤田保健衛生大学医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 准教授

【資格】

日本集中治療医学会専門医(評議員)
日本麻酔科学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医

↑ページトップへ